不妊には豆乳が一番

不妊対策を始めてから気を付けてことがストレスと溜めないということと体を冷えないようにすることです。 ストレス解消については、こちらで書きましたが、ここでは、体を冷えないようにするためにしていたことを書きます。

私の場合、冷え性はドリンクを飲むことで克服するようにしていました。 具体的に飲んでいたものは、まず豆乳です。 ただ、私は豆乳が大嫌いでした、 従って、初めは飲むのを避けていたのですが、妊娠するために無理やり飲むようにしました。

当初、無調整の豆乳を飲んでいたのですが、やはり、味がよくなく、飲むのが嫌になってしまいました。 そこで、調整した豆乳を飲むようにしたら、すこし飲めるようになりました。 ただ、1日1杯が限度です。

これではいけないと思い、スーパーで売られている豆乳をすべて飲むようにしました。 すると、1つだけおいしいと思えるものを見つけたのです。 それは、大豆の味はほとんどしないのです。 大豆の味がしないので飲みやすいのはわかったのですが、ちゃんと豆乳の成分が入っているのかが心配になってしまいました。

いくら飲んでも、不妊対策になる成分を摂ることができなかったら意味がないです。 そこで、作っているメーカーに問い合わせてみると、匂いや味を極力まろやかにするために、独特の製法で作られているので、全然問題はないということです。 むしろ、他の豆乳に比べて、ミネラル、ビタミンが2倍以上入っているので、毎日の健康維持のためには最適です。ということを教えてもらいました。

これで安心して飲むことができます。 尚、独特の味にどうしてもなじめないという方は、自分が好きなドリンクに混ぜて飲むといいです。 実は豆乳はいろいろな飲み物との相性はいいです。

従って、何かで割って飲むことで、スムーズに飲める場合があります。 コーヒーや紅茶や野菜ジュースなどとも相性は抜群にいいです。 尚、温めると飲みにくいなら、常温で飲むというものありです。 冷やしてしまうと、体にはよくないので、常温で飲んでみましょう。

あと、豆乳以外のドリンクも常温で飲む癖を付けるといいです。 ミネラルウォーターをはじめ、ジュースも冷蔵庫に入れずに、少し生ぬるい状態で飲むと、急に体が冷えるのを防ぐことができます。

そして、豆乳以外には、トマトジュースがお勧めです。 自宅にミキサーがある方は、自家製を作ってみるのもいいです。 ミキサーがない方でも、トマトジュースなら簡単に手に入ります。 できれば、無添加で砂糖不使用のものを選ぶようにしましょう。

最近は、砂糖不使用のものも簡単に手に入るようになりました。 トマトは不妊対策をしている女性だけでなく男性も飲んでもらいたいドリンクです。 トマトジュースは1日1杯飲飲み続けて、3ヶ月程度で妊娠できたという人を何人も知ってます。 それぐらい赤ちゃんが欲しい方には救世主になるドリンクになります。

ページのトップへ▲